釣り人でありギャンブラーでもある私ですが、自らの経験をもとに本記事を執筆していきたいと思います。私からひとつ確実に言えることは、釣りとギャンブルには、特徴、事実、習慣、活動などの面で、類似点が多くあるということです。本記事では、このトピックについて詳しく見てみましょう。ギャンブルは釣りによく似ている、つまり、釣りはギャンブルと非常に似通っているのです。

私は長年、釣りもギャンブルも続けてきて、ほんの数年ではなく数十年の経験があるので、釣りとギャンブルの類似性についてある程度の考察をお届けできます。大げさに言ってしまえば、生涯にわたって釣りを親しんできたので、「ウォーターマン」と呼んでもらっても間違いではありませんし、カジノゲームを数十年の間プレイし続けているので、「カジノガイ」と呼んでもらっても同様に適切でしょう(笑)。

決してうぬぼれた奴だと思われたくはないのですが、本記事で皆さんにお届けする考察は最高のものです。というのも、上述の理由から、私は確実にその資格をそなえているからです。釣りとギャンブルはどちらも一か八かにお金をかけるものですが、ギャンブルは法律で認められておらず、釣りは許可されていますよね。これははっきり言って、大きな矛盾だとは思いませんか?

どうしてギャンブルは違法とされやすいのか?

なぜギャンブルは、一か八かの勝負にお金を賭けるからというだけで、多くの場所で違法とされているのでしょうか?実際のところ、釣りをする時にも、一か八かにお金を賭けなければいけないのに、なぜ釣りは法律で規制されないのでしょう?

異論があることは分かりますが、私は自分の認識には自信があります。憲法上の権利についていえば、奇妙なことにも、憲法は人がお金のために生き物を殺すことを許していながら、平和的に金銭を賭けることは許していないのです。これは皮肉のように思えませんか?

この憲法のあり方を支持するいかなる弁明があるとしても、事実はあくまで事実です。私の認識が間違っていなければ、釣りもギャンブルもある程度の「依存性」があります。ギャンブル依存症は、ギャンブルが犯罪となる多くの国において、ギャンブルを違法とするもうひとつの理由とされていますが、実際のところは違います。

釣りが犯罪でないなら、ギャンブルも犯罪とされるべきではない!

大前提として、ギャンブルは犯罪ではありません。もしギャンブルが犯罪なら、釣りはどうなのでしょう?もし釣り人の旦那を持つ奥さんに会えば、夫が釣りに病みつきだと教えてくれるのと同様に、ギャンブラーの旦那を持つ奥さんに会えば、夫がギャンブルに病みつきだと明かしてくれるでしょう。ここで私が話しているのは、不正直な奥さんの話ではなく、正直で公平な奥さんのことです。釣り糸を投げることをどのように考えていますか?間違いなく、釣り糸を投げることは、スロットマシンのレバーを引くのと似たようなものに過ぎません。

釣りでもギャンブルでも、お金は簡単に無くなり支払いは甘美です。そして、これこそが釣りとギャンブルのもうひとつの類似点です。ギャンブルでは、プレイヤーはゲームが上手くいかないと、新たなカジノや新たなテーブルというふうに、違うゲームに挑戦してみますよね。これは釣り人も同じで、いい魚がなかなか釣れなければ、川やルアー、釣り場を変えようとするものなのです。